ドッグフードの専門店「馬肉+イン」では国産馬肉や鹿肉、地鶏、猪肉にドライフード、各種おやつ、サプリを販売しています

馬肉イン

倶楽部馬肉会員に入会しますと特典や新情報が盛り沢山です!

 
馬肉+イン
お申込

倶楽部馬肉 会員のお申込はこちら

馬肉ショッピング

倶楽部 馬肉のショッピングはこちら

鴨の首を乾燥したおやつ「カナール」

カナールをおやつとして選んだ理由

何故、私が鴨の首を乾燥しておやつにしようとしたのか。これには非常に興味深〜い理由があるのです。これまでは鴨の首はボイルをした後にミンチにして肉・骨ごとを与えられるように商品化してきました。
そこに注目をしたのが髄です。骨髄は動物の骨の中心にあり、海綿質で造血が行われている組織です。実はワンちゃんが最も好む部分でもあります。犬は骨を好みますがそれには骨の中の髄が一番の楽しみでもあるのです。では生のまま乾燥したらその髄はどうなるのか、を試してみたかったのです。そして何度も試作を繰り返して遂に「♪パンパカパーン、今週のハイライト!」(´⊙ω⊙`)古っ!そして私の予感は的中しました。どんな的を得たと思いますか?「…わかるかな〜、わかんねえだろうなー。」これまでの商品(おやつ)は肉やアキレス、魚を乾燥させたジャーキータイプでした。しかし、鴨首を見て肉は勿論のこと骨、髄、動脈をそのまま乾燥させるとどうなるのか、と。まずは乾燥といいましても生首をそのまま天日に曝す訳ではありません。首の周りには意外に脂があり、上記の画像のように薄皮もへばりついています。これを1本ずつトリミングをしてはまた水に浸けるを繰り返し、綺麗な肉状にしなければなりません。
最初は「そんなもの、おいしいの?」「犬は食べる?」と質問攻めにされましたが、実は東京には食用の専門店があり、一度食べ始めたらなかなか手が止まらないほど美味しく、通販でもかなり売れているのです。
そして何より私には絶対な自信(的中)があったのです。それが「香り」いゃ「匂い」なのです。ご存知の通り犬は非常に嗅覚に優れ、特に尿や血の匂いが大好きです。好きというより匂いを嗅ぐことは生きていくために必要な行為なのです。もっと具体的にいいますと食べ物につながる血や生きていくためのフェロモン、発酵した有機物の匂いです。ですからワンちゃんはリーダーである飼い主が履いた靴や靴下の匂いが安心するのですね。そのため、私はワンちゃんの期待に応えるべく(笑)匂いのするおやつを考えていました。しかし、ここでいう匂いは良い香りではなく、むしろ我々からすると「臭い系」に属するのです。かといって腐敗したような悪臭ではありません。ここが難しい判断でして犬は匂いが好き、でもそれはタンパク質以外に他の犬の匂い、血液や体液、飼い主さんや家族の体臭などです。お肉以外で臭くて且つ栄養があり、安くて旨いおやつとなるとそうそうあるものではありません。しかし、私はそれを発見したのです。というより気付いたのです。鴨の首には血管や体液、髄液、が含まれている・・・、これが有機物の匂いならばボイルだけではなく乾燥してみよう。そしたらきっとこの匂いを喜ぶだろうと。そしてその日がやってきました。工場にトリミングの指示をして綺麗な状態にしてから天日で乾燥してもらうのですが、豚耳や他のおやつと違い丸くて厚みがあるのでそのまま置いていてもなかなか乾かないのです。
ですから日に2〜3回位置をずらしては乾燥を2週間続けなければなりません。その間、雨が降ったら工場内に入れて今度は陰干しに切り替えます。少しでも晴れたらまた屋外に移動と何かとお世話が求められます。
私は工場の製造スタッフには匂いについては敢えて説明はしませんでした。むしろ乾燥工程で何か連絡があることを期待していた訳です。乾燥スタート初日、「まぁ、最初から鴨の首が臭い訳じゃないんだからいつもと変わらないだろう。」そうして2日目、3日と日数が過ぎていきました。その間、せっせとひっくり返したりずらしたりの繰り返しをしてもらっていたのですが、丁度1週間を過ぎたころから突然電話が掛かってきて「メチャクチャ臭いんですけど・・・、これ腐ってませんか?」とのこと。しかし私は小さな研究室の片隅で一人ほくそ笑んだのです。

 

 

 

 

 

ご連絡メール