ドッグフードの専門店「馬肉+イン」では国産馬肉や鹿肉、地鶏、猪肉にドライフード、各種おやつ、サプリを販売しています

馬肉イン

倶楽部馬肉会員に入会しますと特典や新情報が盛り沢山です!

 
馬肉+イン
馬肉インへのお問い合わせ
お申込

倶楽部馬肉 会員のお申込はこちら

馬肉ショッピング

倶楽部 馬肉のショッピングはこちら

カナダ産馬肉 ミンチピッコロ1kg入り&5kg入り

カナダ産馬肉はこれまで1kg入りのカット肉を販売していましたが、新たに1kg入りのミンチと5kg袋をご用意致しました。カナダ産馬肉は海外馬肉の中でも一切トリミングをしない状態で輸入しています。
それは少しでも価格を下げることでより多くの飼い主様に生肉を愛犬に与えるきっかけを作りたかったからです。通常、あらゆる原料肉は各肉を切り分けた状態で工場に運ばれます。そこで形状や見た目、筋や脂肪などを取除いて(トリミング)から各製品化されます。
原料をトリミングしますと当然完成した肉の量は少なくなります。(歩留り)肉の部位は別としてこのトリミングをより完璧に行うことで商品の価格も変わってきます。そこでこのカナダ産馬肉5kgは輸入した状態で販売することにしました。
そういう観点からも価格につきましても1kg当たり1,000円を切って販売致します。片や1kg入りピッコロは大まかな筋や脂肪を取除いてからミンチにしています。ミンチですから小型犬や老犬のご飯にお使い下さい。
あるいはドライフードやお野菜を与える際にトッピングとしても与えては如何でしょうか?
極力販売価格を抑えるため1kgで販売しますので、一度半解凍まで行い何等分化に切り、ラップに包んで冷凍袋や容器に入れて再冷凍し、使う度に解凍としてご使用下さい。

 

 

鹿ジャーキーカット 鹿肉+カルシウム+モリンガ配合

これまでオリジナルジャーキーチップとして販売していました商品がフルモデルチェンジ致します。オリジナルジャーキーチップは鹿肉のモモ肉のブロックを筋や脂を避けながら切り込みをしていました。
そのため製造に時間を要していました。またその関係でジャーキーの厚さも肉の状況によって変わり、形も肉の端と真ん中では大きさも変わっていた、という状況でした。そこで私は工場にこれまでの製造方法を別のやり方に変えもらうことにしました。その結果、今までの製造よりより早く、厚さも均等になるジャーキーにモデルチェンジしました。
但し、形に関しましては少し楽しんでもらうため敢えて四角や三角や棒状にしました。(ワンちゃんには関係ないかもしれませんが・・・。)変えたのは厚さや形だけではありません。
配合も栄養のバランスを考え鹿肉に弊社が輸入製造販売している自然成分のサプリメントの原料を加えています。このある原料に関しましては大変申し訳御座いませんがマル秘とさせて下さい。
事実、工場長と私だけしか知りませんので社外秘どころか社内秘(トップシークレット)扱いなのです。でもワンちゃんにとって栄養満点の成分ですのでご安心下さい。ですからエゾ鹿肉に強い生命力をもった『古代ソマチット』が生息している化石カルシウム、抗酸化物質値が多い自生種モリンガに+αで作りました。

reasonシリーズ・第四弾地鶏ササミ ドライフード

好材料を使いその主原料の割合を増やし、穀類や増量物、人工ミネラルやビタミン、賦形剤を使わないでフードを作ろうとしますと大変高価なドライフードになります。私共はこの13年間一切妥協せず、一番ベストなワンちゃんのご飯作りを目指して参りました。
しかし、近年からよりもっと多くのワンちゃんにそれに近いフード作り提供するのも大切なことと考え「reasonシリーズ」を発表しました。
その後、ご承知の通り鹿肉、馬肉、猪肉を使ったドライフード販売しています。今回はそれに続く第四弾目として地鶏のササミを使ったヘルシーフードを開発しました。しかも最大限の努力を重ね、お求めやすい価格も実現致しました。そこで飼い主様が気になることは「鶏はアレルギーが心配で」という点です。しかし、以前にコラムでもご説明しました通り(http://www.baniku.in/kikaku/column_05.html)原因は“化学物質”です。抗生物質や抗菌剤を投与された後、光の入らない場所で育てられているブロイラーや羽ばたきすることも出来ない小さなカゴに押し込まれた鶏なら有り得ます。しかし当店の鶏は平飼いで餌も自然に拘り、全てにおいて健康的に育てられていますので上記のようなことは少ないと思います。

ご連絡メール